ひきこもりのご家族に一緒に寄り添います

東京の練馬区でひきこもりの相談、訪問支援をおこなっているカウンセリングサロンぱすてるです。

ぱすてるでは、ひきこもりのご本人とそのご家族への訪問相談をおこないながら、ひきこもり状態から踏み出すための継続的なサポートをカウンセラーがおこなっています。

ぱすてるの訪問支援は、カウンセリングを軸としてご家族との対話を続けていきながら、ご本人との信頼関係の築き上げに時間をかけ、寄り添い続けることで、ご本人に何より安心感を持ってもらうことを一番大切にしております。

カウンセラーによる家族支援が特長です

ずっと同じカウンセラーがご本人とご家族に長くかかわり、担当が替わることことなく、継続してお付き合いしていくことができます。

個人で活動していても、そこで完結するのではなく、社会資源であるさまざまな機関、居場所、家族会と連携し、状況に応じて、社会参加、就労支援に関する情報の提供、紹介をしていきます。

ひきこもり支援の活動は、ご本人の目線に立ってみると、小回りの利く個人に向いていることがとても多くあります。

家族カウンセリングの重要性

ひきこもりのとても重要なテーマが、親や兄弟姉妹のご本人へのかかわり方です。

ぱすてるでは、まず親御様とのカウンセリングにじっくりと時間をかけて向き合います。ご兄弟姉妹がいれば、お会いしてお話をお聴きすることもあります。

継続した十分な時間をかけたカウンセリングが、ご家族の気づき、自己洞察、行動の変容にとても大きな役割を果たし、ご本人へのかかわり方に変化をもたらしていきます。

ご本人へのおだやかで、ゆるやかなアプローチ

ご家族とのカウンセリングを続けながら、少しずつご本人との接触をはかっていきます。

無理な介入は決してせずに、ご本人の個性を尊重し、ゆっくりと時間をかけたアプローチをしていきます。

ご本人とお会いできるようになると、カウンセリングにとらわれず、ゆるやかな対話も大切にしていきます。

雑談、趣味の話、やがて家を出られるようになれば、一緒に散歩をしたりといった外出同行をさせていただくこともあります。

跋扈する悪質業者への怒り

私が訪問支援を始める大きな動機となったのが、引き出し屋と呼ばれる、悪質業者によるひきこもり当事者への強引な連れ出し、自立支援施設での暴力、強制的な労働といった許しがたい行為への怒りです。

当事者から告発されるような信じがたい業者がたしかに存在しており、ご本人の尊厳を踏みにじるその蛮行に対する憤りが、訪問支援を個人事業としておこなう原動力になっています。

社会の中で幸せを感じて豊かに生きていくために

ひきこもりは、決してご本人とその家族の問題だけではなく、その根底には、今の日本社会のさまざまな問題も深く関係しています。

悩み苦しんでいるご本人とご家族に寄り添い続けることで、ご本人がひきこもりの状態からやがて一歩を踏み出し、いまの社会の中で少しでも生きやすく、その人が心から望む生活が送られるようになること。

そして、ご家族とともに日々の暮らしに幸せを感じながら、活き活きと豊かに生きていけるようになることが、私の心からの願いであります。

 

カウンセリングサロンぱすてる

傾聴カウンセラー 喜々津 博樹

行動支援カウンセラー   

喜々津 博樹(ききつ ひろき)

 

1971年2月生まれ

東京都練馬区在住。

秋田県五城目町で生まれ、東京の練馬で育つ。

 

大学卒業後、企業に就職をせず、長野県野辺山の農場で高原野菜の出荷アルバイトをしたり、北アルプスの穂高連峰で山岳遭難救助の活動をおこなう。

25歳の時に、アメリカ大陸を自転車で横断するひとり旅に出て、帰国後、その時の体験記を綴り、出版する。

 

ビールの販売促進、福祉用具の営業販売、児童書出版社の営業、介護施設の入居相談に携わり、転職と挫折、失業を何度も経験する。

生きづらさや悲しみを抱えた人、生きるのがつらくて自殺を思い立った人、マイノリティの人たちと出会い、自身も社会の中で、時に孤立感や違和感を感じ、回り道をしながらもがくようにして生きてきた。

 

苦しみ、悩み、傷つきながらも、なんとか生きていく道を探し求めている人、絶望感にさいなまれ、死にたいと思っている人に、自分は一体何ができるのだろう?とずっと考えている時に、人の気持ちに丁寧に寄り添うカウンセリングに出会い、まるで導かれるように強く引き寄せられる。

 

東京の練馬区を起点として、ひきこもりの訪問支援とカウンセリング活動を個人でおこなっている。

自殺防止の活動、児童養護施設との交流を続けており、また知的障害者のグループホームを運営する法人とカウンセリング契約を結び、そこで働くスタッフと家族のカウンセリングをおこなっている。

 

【資格】

 日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー

 福祉住環境コーディネーター2級

 

【法人契約】

 NPO法人地域福祉マリーナ(西東京市)

 NPO法人モーニンググローリー(練馬区)

 

【著書】

『アメリカ大陸自転車ひとり旅』(萌文社)

 

 

【登壇・講演】

◯ 世田谷はなみずきの会(世田谷区)

    ・カウンセラーのひきこもり支援と傾聴へのいざない

 

◯ NPO法人地域福祉マリーナ(西東京市)

   ・アンガーマネジメントで自分を知り、自分を活かす

 ・アサーティブ・コミュニケーション入門

 ・自己覚知について ~自分を知り、相手を知る~

   ・自己覚知について② 交流分析&エゴグラムで自分と相手を知ろう

 

◯ ひきこもり家族会ここから(国立市)

   ・心理学に触れて、家族と自分にもう一度向き合う

 

◯ ひきこもり家族会(日野市)

 ・傾聴の基本を知って、家族と自分をより理解しよう

 

◯ 西多摩社会福祉士会

 ・ひきこもりへの理解とあたたかな支援をつづけるために

 

○ 大田区社会福祉協議会

 ・傾聴の基本を身につけよう ~訪問活動に必要な傾聴について

 

狛江市社会福祉協議会

 ・高齢者・老年期の心理とコミュニケーションについて

 

○ 川口市社会福祉協議会

 ・傾聴の基本を身につけよう! ~聴き上手になるために~

 

○ 練馬区ひきこもり問題合同相談会

 ・ひきこもりの訪問支援 ~私が大切にしている考えとスタイル~

 

○ 中央区社会福祉協議会

 ・高齢者の心理とコミュニケーションについて

 

カウンセリングサロンぱすてる

〒177-0034

東京都練馬区富士見台4-36-40